育成会について

 

ようこそ、久留米市手をつなぐ育成会へ!!

 「育成会」の運動は、昭和27年に東京の3人の知的障害児をもつ母親が、わが子の幸せを願って福祉等の充実を呼びかけたことから始まり、全国に広がりました。今では、全国各地に育成会が誕生し、それぞれの地域で知的障害児者の親を中心として活動しています。

そして、各都道府県の育成会、更には全国単位の全国手をつなぐ育成会連合会という連合体に組織され、会員数は本人や支援者を含め30万人を超えています。
久留米市手をつなぐ育成会は、昭和50年に親の会が作られ、平成20年には福岡県よりNPO法人の認証を受けました。
現在、障害当事者の親を中心にして、障害のある人たちが地域で安心して自分らしい生活を 続けられるような社会の実現を目指して下記のような活動を進めております。
このホームページを通じて私たちの活動を多くの人に知っていただき、ご支援とご協力をいただければ幸いです。

 

事業と活動

  ・障害者の地域生活支援事業           → 地域活動支援センターあすなろ運営                    

    ・障害者の就業支援事業              → 印刷業務受託事業の実施
    ・障害者の理解促進のための啓発事業        心の友運動・鉛筆販売、ピア相談、                                                                                    学習会、講演会など
    ・障害者の余暇活動支援事業               → 障害児と親のサマースクール、                                                                                 地域交流餅つき大会、祝成人
                                                                                ボーリング大会、 野球観戦など

p002

 あゆみ                          

1975年 久留米市精神薄弱者育成会設立
1979年 久留米市社会福祉協議会、国際ソロプチミスト久留米のご協力により 
                     通所簡易授産施設 「 あすなろ会」を設立 (運営主体:育成会)
1988年 事務所を久留米市総合福祉センターに移設
1995年 久留米市より委託事業(印刷業務)を受託
1996年 久留米市知的障害者育成会と改名
2008年 特定非営利活動法人となり、久留米市手をつなぐ育成会と改名
2008年 通所簡易授産施設「あすなろ会」を 地域活動支援センターあすなろ と
                     改名